加熱殺菌(中文)

加熱殺菌をはじめとするいかなる殺菌処理も、フィルターによる除菌処理もせず、地下の水源から汲み上げたそのままを、空気に触れることなくボトリングしているもの。一切の処理がされていないので、真の意味で・天然水・と呼ぶことができるかも知れません。ヨーロッパで製造されている全ての〈ナチュラルミネラルウォーター〉がこれにあたりますが、日本にはこれに該当するものは現在のところ非常に少ないようです。

 あくまで衛生という観点からいえば、ミネラルウォーターの殺菌処理を否定することはできません。しかし、飲んでおいしく、また健康維持に役立つという点を考慮すれば、製造工程でのミネラルウォーターの処理は、なるべく少ない方が望ましいと言えるでしょう。
 ですから、飲むという目的であれば、加熱殺菌の水よりも、無殺菌、またはフィルター除菌のミネラルウォーターを選ぶのがいいかもしれません。
 しかし、上記で説明した通り、現在では製造技術の向上もあり、ヨーロッパやアメリカ、日本では、ほぼ加熱処理も非加熱処理も大差がないとも言われています。また、炊飯や料理、或いはコーヒーや紅茶をいれるといった目的に使用する場合は、結局、加熱をするわけですから、加熱殺菌をした水でも全く問題はありません。
また、賞味期限に関しても、加熱処理をしたミネラルウォーターのほうが、加熱処理をしていないミネラルウォーターより、長くなるのが一般的です。
使用用途に合わせて飲み比べ選ばれることをお勧めします。