水と粉ミルク

上記で見てきたとおり、赤ちゃんには母乳が一番いいのですが、実際には、なかなかそうもいきません。そこで、水(お湯)を使って粉ミルクを作り赤ちゃんに与える場合、何に気をつけたらいいのか考えて見たいと思います。
粉ミルクを水(お湯)に溶かして赤ちゃんに与える場合、粉ミルクと水の組み合わせに注意する必要があります。一口に粉ミルクと言ってもメーカーも沢山あり、各メーカーによりその成分にだいぶ違いがあります。また、上記で見てきたとおり、水も様々です。
生まれたての赤ちゃんは、離乳食が始まるまで、母乳かミルクが栄養源の全てです。 生後1ヶ月の赤ちゃんの場合、平均して1日に600ml~800mlものミルクを飲むと言われています。 当然ミルクのほとんどはお水(お湯)ですので、赤ちゃんが体に取り込むものの大半がお水ということになります。そう考えると、赤ちゃんには体に良いお水でミルクを作ってあげたいものです。