水による健康維持(中文)

この様な理由により、毎日の生活の中で、良質な水の適度な摂取を心掛けるだけで、ある程度の健康を維持することが可能になるのです。
1.体温調節
2.老化防止
3.体内毒素の希釈と排除
4.食生活のコントロール
大雑把に分けると細胞の中、細胞の組織間、血液などに分けられます。
具体的には
◇循環:血液、リンパ液、その他
◇活性化、新陳代謝:細胞、体液、その他
◇消化、吸収:胃、腸、その他
◇潤滑、保護:皮膚、粘膜、その他
その他、体温調整、血圧調整など、まだまだたくさんの働きがあります。
体の中では水分を媒体としているので、水分無しでは、何も活動できません。
含まれる水分の高い器官は ( 水分含有量は大体の数字)

health_grah2
上記の表を見て頂くと分かる通り、私たちの体の水分含有率が非常に多いのです。
肺などは、空気を沢山含んでいるイメージがありますが、酸素を体内に取り入れるために、水分を多く含んだ器官となっています。