製造過程(中文)

ボトル入り飲料水ができるまで

ここでは、今では街中いたるところで売られているボトル入りの水、私たちの日常生活にも馴染みの深いペットボトル入りの水(総称してミネラルウォーターを呼ばれるペットボトルウォーター・・英語ではplastics bottles water)が作られる一般的な工程を紹介します。

1.原水チェック(微生物検査・理化学検査・官能検査)
ボトルウォーターはクリーンな部屋で採水から殺菌・加熱・充填まで行われる。
2.採水した原水を粗く濾過して異物を取り除く
3.さらに目の細かいフィルターで除菌する
4.加熱殺菌
非加熱殺菌
5.ボトル洗浄
5.除菌、殺菌された水を容器に入れる
6.密閉
7.最終外観検査
8.梱包・出荷

以上は一般的な加熱殺菌を伴う製造工程です。
通常、安心・安全な水を生産する企業では以上8つの工程を経て作られるのが平均的なミネラルウォーターの製造工程だとご理解頂いていいと思います。

ペットボトル水(ミネラルウォーター)の製造過程は、大きく分けて加熱処理と非加熱処理による製造方法があります。
次に加熱処理と非加熱処理の違いについて、両者にはどんな違いがあるかについて見て行きたいと思います。

参考サイト
http://suisainomori.com/sui/tennensui/movie.html
http://ameblo.jp/spectrumway/entry-11132908887.html