赤ちゃんと母乳(中文)

赤ちゃんの体は大人に比べ、張りと艶が有り丸く感じられるのが特徴的です。
この特徴の一つに赤ちゃんの体は大人より水分が多いということがあげられます。
赤ちゃんの体の健康を維持するには、お母さんの母乳が何よりも大切です。ですが、いつも母乳をあげることができるとは限りません。そこで、母乳に近い粉ミルクを摂取させることが一般的となっているのですが、この粉ミルクの成分に注目するお母さんはまだまだ少ないような気がします。
先ず、母乳にはどのような成分が含まれており、牛乳や粉ミルクの成分はどうなのか知る必要があるのです。
この母乳・牛乳・粉ミルクの成分を比較した資料をいろいろ探してみたところ、日本にあったので、その比較表を見てみることにします。


baby_grah1

赤ちゃんにとっては母乳が一番です。 母乳は単なる栄養を与えるだけではなく、それぞれの赤ちゃんに必要な免疫や成長を促す成長因子も含んでおり、新しい命を健やかに育むために必要なすべての成分を含んでいます。
また母乳は、赤ちゃんが産まれた時から常にその時の赤ちゃんに合うように作られています。母乳の成分は変化します。1回の授乳中、また1日の中でも、そして月単位でも変化し、成長の早い赤ちゃんのニーズに完璧に応えられるようになっています。
母乳は大きく3つの段階に分けられ、それぞれ初乳、移行乳、成乳と呼ばれています。